これから建設業許可の取得や更新をお考えの皆様へ、建設業許可申請のことならお任せ下さい!

建設業許可とは

  • HOME »
  • 建設業許可とは

建設業許可申請のことならお任せ下さい!

建設業許可申請のことならお任せ下さい!

0477106885
無料メール相談はこちら

建設業許可とは

まず建設業は、建築工事の完成を請け負うことをいい、元請・下請は問いません。簡単に解説すると、工事の注文を請けた〇〇建設や〇〇工務店などが建設業に該当します。

建設業許可が必要な場合

建設業許可は飲食業許可や派遣業許可などの他の許可とは異なり、許可を取得せずに業を営んでもそのこと自体は違法とはなりません。ただし、建設業許可を持っていないとできないのは以下のことです。

1.工事一件の請負代金が税込500万円以上の工事を行う
2.建築一式工事で1件の請負代金が税込1,500万円以上の工事を行う
3.公共工事の入札に参加する

 

つまり、公共工事の入札に参加もしないし、500万円未満の工事のみを行うのであれば、建設業許可を有していなくても全く問題ありません。

ただし、一般的には多くの建設業者様が下記の理由により、建設業許可の取得を希望しています。

1.元請、取引先に言われるため

建設業許可業者でないと元請が仕事を出さない風潮が広がっています。無許可業者に仕事をさせて、事故や問題があることを嫌がるためです。最近では、工事の工事参加業者名簿に許可番号を記載する場合も多く、許可取得が工事参加への実質上の前提条件となっている場合があります。

2.お客さんの信頼度向上

建設業許可を取得すると、建設業許可を取得している旨の看板の掲示が義務付けられますので、対外的にアピールすることができます。また自社のHPにも建設業許可業者である旨の表示ができますので、対外的に好印象に写ります。

無料メール相談はこちら
無料メール相談はこちら
ご相談はこちら

事務所紹介・プロフィール

建設業許可、経審、入札をお考えの皆様のお手伝いをしております、行政書士の杉森正成(すぎもりまさなり)と申します。年間300件以上の相談実績を生かし、代表の私が直接、建設業許可はもちろん、経審、毎年の届出、入札などトータルでサポートいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。 →事務所紹介・プロフィール
PAGETOP