これから建設業許可の取得や更新をお考えの皆様へ、建設業許可申請のことならお任せ下さい!

建設業許可の更新

  • HOME »
  • 建設業許可の更新

建設業許可申請のことならお任せ下さい!

建設業許可申請のことならお任せ下さい!

0477106885
無料メール相談はこちら

建設業許可の更新

建設業許可は、いったん許可を取得すれば、その後は何もしなくても許可が維持できるというものではありません。建設業許可は、5年ごとに更新しなければなりません。

許可更新の時期

建設業許可の有効期間は5年となっていますので、建設業者が継続して許可を受けるためには、5年ごとに更新の申請をしなければなりません。更新の申請は、窓口ごとに定められている受付の開始日から有効期限の30日前までの間に完了しなければなりません。

有効期間の「30日前まで」に許可更新の申請を行う理由は、有効期間の満了日に新たな許可通知書を取得するための手続き期間が必要だからです。もっとも、有効期間の30日前を経過して更新申請を行ったとしても、有効期間が満了する日までならば、更新の申請書は受理されます。ただし、有効期間満了直後に新たな許可通知書を取得できない可能性が高まります。この場合、許可の空白期間が生じるわけではなく、新たな許可または不許可が決まるまでは、従前の許可が有効出るという取扱いが適用されます。

一方、許可の有効期間を1日でも経過した場合は、更新の申請書は一切受理されません。引き続いて許可が必要な場合は改めて新規申請を行い、許可を取り直すことになります。また新しい許可が下りるまでは、許可の空白期間が生じてしまいます。

なお、更新の受付開始時期については、大臣許可と知事許可によって取り扱いが異なります。知事許可については、有効期間満了日の30日前までに申請を行えばよいのですが、大臣許可の場合は、更新のための標準処理期間が90日とされるため、有効期間が満了する日のおよそ3ヶ月前までに更新の申請書を提出しておく必要があります。

無料メール相談はこちら
無料メール相談はこちら
ご相談はこちら

事務所紹介・プロフィール

建設業許可、経審、入札をお考えの皆様のお手伝いをしております、行政書士の杉森正成(すぎもりまさなり)と申します。年間300件以上の相談実績を生かし、代表の私が直接、建設業許可はもちろん、経審、毎年の届出、入札などトータルでサポートいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。 →事務所紹介・プロフィール
PAGETOP