これから建設業許可の取得や更新をお考えの皆様へ、建設業許可申請のことならお任せ下さい!

建設業許可の要件① 経営業務の管理責任者がいること

  • HOME »
  • 建設業許可の要件① 経営業務の管理責任者がいること

建設業許可申請のことならお任せ下さい!

建設業許可申請のことならお任せ下さい!

0477106885
無料メール相談はこちら

要件① 経営業務管理責任者

建設業許可取得にあたって、1名以上経営業務管理責任者と呼ばれる人間が営業所に常勤していることが必要です。経営業務管理責任者になれるのは、以下のどちらかの要件を満たす方です。

1.5年以上建設会社の取締役または自営業(建設業)の経験がある

経営業務管理責任者において求められている要件は職人としての腕の善し悪しや経験ではなく、「経営者」としての経験年数です。監査役は含まれません。そのため、サラリーマンから独立して建設会社を興しても、すぐには建設業許可を取得できないので注意が必要です。

また5年の期間で許可が取れるのは、あくまで実際に経営していた業種だけで、その業種に関してのみ経営業務管理責任者となれます。

2.6年以上の建設業に関する経営経験がある

6年以上の建設業に関する経営経験があれば、その業種に関して未経験でも全29業種の経営業務管理責任者となれます。
 

常勤の取扱について

経営業務管理責任者は常勤の必要があるため、経営業務管理責任者が常勤しているかどうかを証明することも重要です。申請段階において非常勤の場合に関しては、要件を満たしませんので、常勤とする必要があります。逆にいうと、申請より前の期間においては非常勤であっても期間に通算できます。

また他社の役員と兼任している場合は、他社では非常勤の扱いにしなければいけません。ただし、代表取締役に関しては、他社との兼任を認めていないことが多い傾向があります。

その他に、営業所に通えるかどうかもポイントになります。通勤時間が2時間までは認められる傾向にありますが、常識的に考えて無理なく、毎日通勤できる距離にお住いの方がやはり適任と思われます。

無料メール相談はこちら
無料メール相談はこちら
ご相談はこちら

事務所紹介・プロフィール

建設業許可、経審、入札をお考えの皆様のお手伝いをしております、行政書士の杉森正成(すぎもりまさなり)と申します。年間300件以上の相談実績を生かし、代表の私が直接、建設業許可はもちろん、経審、毎年の届出、入札などトータルでサポートいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。 →事務所紹介・プロフィール
PAGETOP