これから建設業許可の取得や更新をお考えの皆様へ、建設業許可申請のことならお任せ下さい!

建設業許可の要件④ 財産的基礎または金銭的信用を有していること

  • HOME »
  • 建設業許可の要件④ 財産的基礎または金銭的信用を有していること

建設業許可申請のことならお任せ下さい!

建設業許可申請のことならお任せ下さい!

0477106885
無料メール相談はこちら

要件④ 財産的基礎

一般建設業において、以下いずれかに該当することが必要です。

直前の決算において、自己資産が500万円以上あること

あくまで資本金の額ではなく、純資産の合計額です。資本金が500万円以上ある会社であっても累積赤字が積み上がっている場合は、純資産合計が500万円未満やマイナス(債務超過)になっていれば難しいです。

500万円以上の資金を調達する能力があること

こちらの要件でクリアされる方が圧倒的に多い印象です。法人の場合は法人口座残高、個人の場合は代表者個人の口座残高(または屋号のついている営業用の口座残高)で確認します。確認は通帳コピーではなく、金融機関が発行する残高証明が必要となります。ただし、残高証明の有効期間は1ヶ月しかないため、申請の直前に取ることをお勧めいたします。

会社によっては、外注費等その月の支払いをしてしまうと、残高がほぼなくなってしまう会社もありますので、どのタイミングでまとまったお金が入ってくるのかかくにんしておかなければ、次の入金まで待たないといけなくなります。

無料メール相談はこちら
無料メール相談はこちら
ご相談はこちら

事務所紹介・プロフィール

建設業許可、経審、入札をお考えの皆様のお手伝いをしております、行政書士の杉森正成(すぎもりまさなり)と申します。年間300件以上の相談実績を生かし、代表の私が直接、建設業許可はもちろん、経審、毎年の届出、入札などトータルでサポートいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。 →事務所紹介・プロフィール
PAGETOP