これから建設業許可の取得や更新をお考えの皆様へ、建設業許可申請のことならお任せ下さい!

足立区で屋外広告業登録する場合の要件と提出先

  • HOME »
  • 足立区で屋外広告業登録する場合の要件と提出先

足立区での屋外広告業登録についてご案内

屋外広告物の表示または掲出物件の設置を業として行うことをいいます。

単に屋外広告物の印刷、製作等を行うだけで、実際に屋外広告物を表示し、または掲出物件の設置を行わない場合は、屋外広告業に該当しません。

※ここでいう「屋外広告物」とは①常時又は一定の期間継続して、②屋外で、③公衆に表示されるものであって、④看板、立て看板、はり紙及びはり札並びに広告塔、広告板、建物その他の工作物等に掲出され、又は表示されたもの並びにこれらに類するものをいいます。
 

屋外広告業登録の要件

屋外広告業登録においては、下記2つの要件をクリアしなければいけません。

業務主任者の設置

営業所ごとに業務主任者を設置する必要が営業所ごとに業務主任者を設置しなければならず、次のいずれかの要件を満たす方が業務主任者になることができます。

①屋外広告士(屋外広告士試験に合格した者)

②各都道府県等の屋外広告物講習会の修了者

③職業能力開発促進法に基づき広告美術仕上げの職種または課程について職業訓練指導員免許を受けた者

④技能検定試験に合格した者または職業訓練を修了した者であれば合致します。
 

登録拒否事由に該当しない

登録の申請者が下記の「登録の拒否事由」のいずれにも該当していないことが必要です。

①屋外広告業の登録を取り消された日から2年を経過していない方

②屋外広告業の登録を取り消された法人においてその取消し日の前30日以内に役員であった方でその取消し日から2年を経過していない方

③屋外広告業の営業停止を命じられ、その停止期間が経過していない方

④県条例または他の地方公共団体の屋外広告物条例に違反して罰金以上の刑罰を受け、その執行が終わってから2年を経過しない方

⑤屋外広告業者の方が未成年者で法定代理人を選任している場合にその法定代理人が上記①~④又は⑥までのいずれかに該当するとき

⑥屋外広告業者の方が法人で、その役員が(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいう。)上記①~④までのいずれかに該当するとき

⑦営業所ごとに業務主任者を選任していないとき

⑧申請書もしくは添付書類等において重要な事項について虚偽があり、もしくは重要な事実の記載が欠けているとき
 

屋外広告業登録の登録先

登録先は屋外広告物を表示や設置の工事を行う場所を管轄する各都道府県、政令指定都市、中核市から登録を受ける必要があります。営業所ではなく工事場所を基準として屋外広告業登録が必要となります。

東京都の屋外広告業登録については、八王子市を除き、東京都から登録を受ける必要があります。
 

登録の有効期間

5年(5年ごとの更新制)
 

登録手数料

10,000円(更新時は5,000円)
 

登録後の手続き

屋外広告業登録の更新

登録有効期間の満了の日の30日前までに申請する必要があります。更新の際、有効期間の満了の日の30日前が土・日曜日に当たる場合、その前日までに手続を済ませる必要があります。登記事項証明書及び住民票は申請日の前3ヶ月以内に発行されたものを提出してください。
 

屋外広告業登録の変更届

屋外広告業を営んでいく中で、以下の事項に変更があった場合、30日以内に変更届の提出が必要です。

・商号、名称または氏名、住所
・営業所の名称、所在地
・法人の役員の氏名
・法定代理人
・業務主任者
 

屋外広告業登録の廃業届

あまりよろしいことではありませんが、以下の事項に該当する場合は、30日以内に廃業等の届を提出します。

・個人の事業主が死亡した場合
・法人の合併により消滅した場合
・法人が破産により解散した場合
・法人が合併により消滅、または破産により解散、以外の理由により解散した場合
・屋外広告業を廃止した場合

無料メール相談はこちら
無料メール相談はこちら
ご相談はこちら

事務所紹介・プロフィール

建設業許可、経審、入札をお考えの皆様のお手伝いをしております、行政書士の杉森正成(すぎもりまさなり)と申します。年間300件以上の相談実績を生かし、代表の私が直接、建設業許可はもちろん、経審、毎年の届出、入札などトータルでサポートいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。 →事務所紹介・プロフィール
PAGETOP